04-7182-7171

〒270-1166 千葉県我孫子市我孫子4-43-17
hoshi_jimu717@live.jp

我孫子駅 北口 徒歩5分

我孫子市の 脳神経外科,内科,リハビリテーション科,神経内科

物忘れ

サービス付き高齢者向け住宅 ダンデライオン

ダンデライオン内 デイサービス 虎

物忘れについて

I.コウノメソッド

コウノメソッドとは? 名古屋フォレストクリニック、院長、河野和彦先生が始めた、認知症の診断および治療方法のことです。

具体的には、
認知症の類型診断を正しく行います。類型診断がつかなくても、症状に応じて臨機応変に対応します。
類型診断に対して、その陽性症状、陰性症状に対する治療薬を、適切にさじ加減して処方します。
認知症治療に、今や欠かせないサプリメントを使用します。

II.予防

認知症の要因:環境因子、加齢、遺伝
自分で改善できるのは環境因子のみ、癌、生活習慣病(高血圧症、糖尿病、脂質異常症)の予防と重なる欧米で多い病気:アルツハイマー病、大腸癌、前立腺癌、乳癌、乳製品、肉食などが関係していると考えられます。

III.早期診断

認知症の患者は取り繕いが上手で、医師が病気を見落とすことがあります。
家族がおかしいと感じたら、ほぼ間違いなく認知症。
物忘れ以外に以下の症状があれば、ほぼ間違いなく認知症。

  • 病識の欠如
  • 怒りっぽい
  • 被害妄想
  • 落ち着かない
  • 買い物ミス
  • 性格変化
  • 幻覚

画像診断、記憶力検査だけでは見落とすこともあります。
長谷川式スケールは言語性知能を見るテスト
認知症なのに得点が高い場合、ピック病、教育程度が高い人
生活能力の低下をよく反映する、時計描画テスト
画像検査は、どういった種類の認知症を鑑別するためのものです。
早期に診断・治療することにより、認知症の発症や進行を予防することができます。

IV.診断

A.アルツハイマー型認知症(AD、認知症の55%)

潜伏期間が10-20年、AD+脳血管性 7.5%
頭頂葉、側頭葉後方、後部帯状回の萎縮
神経細胞の残りの数がある程度の限界に達すると、新しい記憶ができなくなります。
ADの4割の画像所見は、非典型的で海馬の委縮がほとんどありません。
4割は、無症候性脳梗塞などの血管因子を持ちます。
短期記憶障害が高度、道に迷う、女性が多い、健康で医者にかかったことがない、元気で明るい、歩行正常、出まかせ応答、緩徐に進行、神経症状は目立たない、物忘れの自覚がないか、あっても深刻味に欠ける、取り繕う。
その人らしさがなく児戯的になる、嗅覚障害(70-80%)
アルツハイマーらしさ:時計描画テストと長谷川式認知症テストの後半が苦手
発病後平均8年で亡くなります。

1.初期症状(健忘期)
進行性記憶障害
何度も同じことを言う、直前の事を忘れる、物盗られ妄想、不安・うつ状態になる、趣味や日課への無関心、取り繕いのため作話をします。

2.中期症状(混乱期)
行動・心理症状が強く出ます
場所、時間、季節がわからない、徘徊や妄想が多くなります、実行機能障害、失語、日常生活に介助が必要となります、不潔行為・失禁。

3.後期症状(終末期)
寝たきりに移行します
家族の顔がわからない、表情が乏しくなります、会話ができない、常に失禁、寝たきりになり手足が拘縮します、食事が飲みこめなくなります。

B.レビー小体型認知症(DLB、認知症の15%)

DLB+脳血管性 5% 後頭葉、側頭葉後方の萎縮
パーキンソン症状で始まる患者、うつ状態で始まる患者、幻視で始まる患者の3タイプがあります。症状が全て出そろうのに5年以上かかります。

薬剤過敏のことが多い(抗精神病薬、風邪薬で転倒する、アリセプトで興奮、転倒)。
妄想、明瞭な幻視の出ることが多く、「泥棒が入った」と警察に電話してしまいます。これに本人も気づくことがある、長い時間続くことがあります。

パーキンソン症状
表情は硬く無表情、相手を見ません。
ゆっくりしたすり足歩行、足を開いていながら小刻み歩行、方向転換が不安定、腕の振りはなく指は曲げていることが多い、上半身はやや前傾し、左右に傾いていることもある。座っている時は体が後ろに反っています。

睡眠行動障害、うつ状態など
夢の世界にいて昼寝は1時間以上、食後すぐ寝てしまいます。食後長く座っていると意識を5分程度失うことがあります。
意識レベルは変動。知能検査の成績もいつも異なります。レム睡眠行動障害(夢遊病)、幻視以外の精神症状(誤認、昔と今を混同します)。

随伴症候
白内障・緑内障、自律神経症状(便秘、発汗、立ちくらみ、失神、転倒など)、嗅覚障害(70-80%)。
一部の患者を除き進行が速く、5年ほどで歩行障害、嚥下障害、寝たきりのコースをたどりやすいです。

C.脳血管性認知症(認知症の10%)

感情失禁、尿失禁、うつ状態、アパシー、夜間せん妄・不穏、不眠
男性が多い、内科に通っている、動作が鈍い、表情が暗い、認知症テストではわかりませんと言います。
半数は脳卒中3ヶ月以内に発症。
初期症状はADと一緒だが、物忘れの自覚あり。
性格・判断力はあまり変わらない。
再発を抑えると進行を抑えられます。

ビンスワンガータイプ
長年の高血圧症や糖尿病により、末梢の脳血管がびまん性に虚血を起こします。すり足歩行、ワイドベース(両足を左右に大きく開いてバランスをとる)。ADと同じように進行します。
脳血管性認知症にADが加わると、非常に進行が早く治しにくいです。

D.前頭側頭型変性症(5-10%)

1.ピック病(FTD、前頭側頭型認知症)
前頭葉・側頭葉萎縮。50-60代で発症することが多い。

  • 状況に合わない行動:身勝手な行為、状況に不適切な悪ふざけ
  • 意欲減退:原因不明のひきこもり、何もしない
  • 無関心:服装、衛生状態に無関心で不潔にります。
  • 逸脱行為:軽犯罪を繰り返す、反省しません。
  • 時刻表的行動:散歩など決まった時間に行う、止めると怒ります。
  • 食べ物へのこだわり:毎日同じもの(特に甘いもの)しか食べない、際限なく食べる、異食、拒食、過食、盗食
  • 常同言語、反響言語:同じ言葉を際限なく繰り返す、他人の言葉をオウム返し
  • 嗜好の変化:好きな食べ物が変わる、飲酒、喫煙が大量に
  • 発語障害・意味障害:無口になる、はさみ・メガネなどを見せても言葉の意味や使い方が分からなくなります。
  • 記憶・見当識は保持:最近の出来事は覚えています。
    アリセプトで暴力行為が出ることがあります。

2.意味性認知症(SD)
臨床診断名なので、病理診断ではADとなることが多いです。言葉や道具(箸、スプーンなど)の使い方や意味が分からなくなる、ADより進行が速い、要介護度が高い、アリセプトが効かない、ピック化しやすいです。

3.進行性非流暢性失語(PNFA)
発語は拙劣で短く緩徐、発語開始が困難、発語量減少、失文法、構音障害、復唱困難、音韻性錯語、努力性発語、錯読など。ピック化しにくいです。
臨床診断名で、病理的にはAD、FTDなど様々。

E.正常圧水頭症(NPH)

歩行障害、尿失禁、認知症を3徴候とします。

歩行障害
やや足の間隔が広く、歩行していて急に足が出なくなることがあります。
小刻み歩行(よちよち歩き)、すり足歩行(膝があまり上がらない)、パーキンソン病と異なり、号令や目印での歩行改善に乏しいです。
シャント手術により改善しやすいです。

尿失禁
切迫性尿失禁(トイレに行こうと思うが我慢できない)、波があります。

認知症
AD、DLBと合併することがほとんど。この病気単独では重度認知症にはなりません。

診断
入院のうえ、髄液を30-50ml抜き歩行障害が改善するかどうか見ます。一度髄液を抜いただけで、その後歩行障害、尿失禁が改善する症例もあります。

F.クロイツフェルト・ヤコブ病

平均発症年齢60代半ば。
視点が定まらない、大きな音に体がびくんと反応させる、
体が硬くなり手は開いたまま宙に浮いている、口が開いたままでよだれが垂れる。脳波で確定診断がつけられる(三相波)。
発症2-3ヶ月で急にしゃべれなくなり、歩行もできなくなります。

G.全身疾患による認知症

1.肝硬変、肺気腫などによる低酸素血症

2.甲状腺機能低下症
ADと合併することが多い。血液検査でわかります。
思考力、動作が鈍くなります。寒がり、脱毛(特に頭髪)、便秘、寒がり、徐脈、うつ状態、足のむくみ(押してもへこまない)、腱反射減弱など。

3.アルコール依存症
栄養失調、肝臓病、腎臓病、ビタミンB1欠乏症を併発いていることが多い。怒りっぽい、妻への暴力。
進行すると、耐性が落ちて少量の飲酒でひどく酔うようになります。
コントロール障害:少しでもアルコールを口にすると、適量で終わることが出来ず飲み過ぎて問題を起こしてしまいます。
早期離脱症状:手や全身のふるえ、発汗、不眠、嘔気、嘔吐、血圧上昇、不整脈、幻聴、痙攣、集中力低下。
後期離脱症状:幻視、見当識障害、興奮、発熱、発汗。

4.コルサコフ症候群
ビタミンB1欠乏症による、視床背内側核または両側乳頭体障害によります。
原因:アルコール依存症、外傷、脳卒中。
作話でつじつまを合わせる、見当識障害、過去の記憶も忘れていく,新しいことを覚えられません。理解力や計算は保たれます。

V.認知症の症状とその治療

A.中核症状

記憶障害
出来事を忘れます(朝食を食べたかどうかなど)、最近の事をすぐ忘れます、進行すると体験や経験を忘れます(家族の顔がわからないなど)。

失見当
今がいつで自分がどこにいるかわからない、迷子になりやすいです。

判断力低下
とっさのことに対応できません。

実行機能障害
料理など物事の手順がわからなくなります。

失認
箸の使い方がわからないなど。

失行
服を着ることができない、支持された動作ができなくなります。

失語
言葉が出にくい、言葉が理解できません。
中核症状は全ての認知症の方にでます。徐々に進行していき、最後には寝たきりになります。

中核症状の進行を抑える薬…レミニール、リバスタッチ、メマリー、アリセプト、フェルガード、newフェルガード、サアミオン

B.周辺症状

1.陽性症状(90%)

  • 行動症状
    • 徘徊
      一見無目的にあちこち歩き回り、自宅に帰れなくなる。夕方や夜多いです。
      年間1万人が徘徊で亡くなっています。
    • 暴力、暴言
      言葉で説明する事が出来ないため、行動で示します。
    • 食行動異常
      食べ物以外を食べる(異食)、過食、拒食、甘いものだけ食べる、丸呑みしてむせる、嚥下障害。
    • 失禁、不潔行為
      トイレの場所がわからない、尿意が伝えられない、尿意がわからないためです。汚れた下着を仕舞い込む、便をところ構わず擦り付けます(弄便)。
    • 睡眠障害
      神経伝達物質のアンバランスにより昼夜逆転となります。このため妄想、幻覚、せん妄が出やすくなります。
    • 介護拒否
      着替え、入浴などを拒否する。多くは自分自身の拒否。
      無為、無反応:自分の世界に閉じこもります。
  • 心理症状
    • 幻覚
      幻聴、幻視。DLBでは虫、小鳥、小人が多いです。頭ごなしに否定しません。
    • 不安、焦燥
      認知症の方は自分がおかしくなったことを感じています。そのためイライラします。
    • 抑うつ
      表情が乏しくふさぎ込みます。
    • 妄想
      物盗られ妄想、嫉妬妄想(配偶者が浮気をしている)、被害妄想(皆が悪口を言っている)。

抑制系薬剤を使用する…第1選択 メマリー、グラマリール、セロクエル
第2選択 セレネース、リスパダール、ルーラン、デパス、リーゼ
第3選択 ウインタミン、テトラミド、テグレトール 睡眠導入薬(ベンザリン、ロゼレム)、
抑肝散(妄想、幻覚、頭痛、神経質に対して)

抑制系薬剤が体に蓄積してくると、元気がなくなる、食事などに時間がかかる、ウトウトする、体が傾く、などの過鎮静の状態になることがあります。このようなときは少しずつではなく一斉にやめます。

AD:被害妄想…セレネース、易怒…グラマリール(チアプリド)、暴力…リスパダール、セルシン、テグレトール、凶暴…テトラミド、不安…デパス、リーゼ
DLB:幻視…抑肝散、セレネース、アリセプト1mg
ピック病:暴力…コントミン、セロクエル、デパケン、大声…ルーラン、凶暴…ジプレキサ、こだわり…デプロメール
非常に暴力的な認知症…抗うつ薬が功を奏することがあります。
脳梗塞が原因の妄想…サアミオンでかえって悪化することが多いです。

C.前頭側頭型変性症の治療

ピック病
第1選択:フェルガード、コントミン 第2選択:リバスタッチ、レミニール、new フェルガード

SD
第1選択:リバスタッチ、レミニール、new フェルガード 第2選択:シンメトレル、メマリー、ニコリン、リーゼ

PNFA
第1選択:new フェルガード、メマリー

D.アリセプトの問題点

興奮性がある
DLBでは強いパーキンソニズムを誘発することがあります。
有効期間に限界
末期にてんかんを誘発(AD全体で1%、アリセプト使用で2%)
有効率63%アリセプトは平均9ヶ月認知症進行を遅らせます。
アリセプトによる副作用(3-5mgを使用の場合)
内服初日から2週間(前期興奮 15%):下痢、怒りっぽい、胃痛、食欲低下
内服から2-3ヶ月(後期興奮 25%):頻尿(対策薬:べシケア)、頑固(対策薬:グラマリール)、神経質(対策薬:リーゼ、デパス)、歩行障害(最初の1歩が出ない、これが出たらレビーの可能性大、対策薬:ペルマックス)。3日間休んだ後アリセプトを半量にします。

E.フェルガード(米ぬかサプリメント)

興奮性が少なく、中核症状を改善
DLBでパーキンソニズムを起こさず歩行改善
2年以上効くケースがあります。
てんかんは誘発しない、末期でも効く、肝保護
DLB、ピックにも効きます。
アリセプトの効かない人にも効きます。
嚥下機能回復に強い効果があります。
有効率70%(アリセプトと合計で80%)

1.フェルガードの種類

  • フェルガード100M (顆粒、粒)
    全ての認知症で第一選択
    特にピック病、DLB、ATD予防、痩せてきた患者
    ※粒タイプは2粒で顆粒1包となります。
    顆粒1包当り:フェルラ酸100mg、ガーデンアンゼリカ20mg
  • NEW フェルガードLA (顆粒、粒)
    ATD、NPH、DNTC、嚥下障害、歩行障害の患者
    100Mを使用して、効果が不十分な時
    ※粒タイプは2粒で顆粒1包となります。
    顆粒1包当り:フェルラ酸100mg、ガーデンアンゼリカ100mg
  • フェルガード100Mハーフ(顆粒のみ)
    100Mで興奮の副作用が出る時
    顆粒1包当り:フェルラ酸100mg、ガーデンアンゼリカ10mg
  • フェルガードB(顆粒のみ)
    NEW フェルガードLAでも効果が出ない時
    顆粒1包当り:フェルラ酸100mg、バコパモニエラ100mg

2.フェルガードの成分
グロービア社ホームページから引用

  • フェルラ酸(ferulic acid)はフィトケミカルとして植物の細胞壁などに存在する有機化合物。ケイ皮酸の誘導体で、リグニンを構成します。また、他の芳香族化合物の合成の前駆体となります。
    • 天然での存在
      フェルラ酸とジヒドロフェルラ酸は、細胞壁のリグノセルロース中でリグニンと多糖を繋ぎ合わせる役割を担っています。米、小麦、大麦やコーヒー、リンゴ、アーティチョーク、ピーナッツ、オレンジ、パイナップルなどの種子の中にも見られます。フェルラ酸は濃アルカリを用いて小麦や大豆のふすまから抽出できます。カフェ酸にO-メチルトランスフェラーゼが作用することにより、生合成されます。
    • 生体防御への利用
      フェルラ酸は、他のフェノール類のように抗酸化作用を持ち、活性酸素種などのラジカルと反応します。
      活性酸素種とラジカルはDNAの損傷や癌の原因となり、細胞の老化を促します。動物実験やin vitroでの実験では、フェルラ酸は乳癌や肝臓癌に対して抗腫瘍活性を示しました。また癌細胞にアポトーシスを起こさせる働きを持つことも指摘されています。さらにベンゾピレンなどによる発癌を予防する効果も持ちます。
      ただし、これらは人間によるランダム化比較試験に基づくものではなく、これらの結果が人間にも直接当てはまるとは限りません。
      フェルラ酸はアスコルビン酸、ビタミンEと共存すると酸化ストレスを減らし、チアミン二量体を形成して皮膚を守ります。強い抗酸化作用により、神経細胞死の後にTNFが上昇して二次性炎症が起きるのを阻止します。
      また、アミロイドが毒性を持つ過程を阻止します。フェルラ酸とは米ぬか油から抽出されたもので合成物ではありません。既存食品添加物リストに酸化防止剤として収載されたものであり、さまざまな安全性試験が行われました。フェルラ酸は、ぬかとして除去してしまう米や小麦の糊粉層に100-400mg/kg含まれています。
      戦前、戦後の精米技術の低い時期には、フェルラ酸含有量が多い米ぬかや玄米を普通に食べていました。 精米技術が上がった今では美味しい白米のご飯が当たり前です。しかし、ご飯一杯(白米)で摂取できるフェルラ酸の量はたった6mgしかありません。「フェルガード100」二包(一日分)のフェルラ酸含有量は200mg。一日分でご飯30杯分以上のフェルラ酸を摂取することができます。
    • 応用 認知症予防
      米ぬかから精製されたフェルラ酸がアルツハイマー型認知症に有効との論文がいくつか発表されています。
      その代表的なものは中村重信・広島大名誉教授らによるアルツハイマー病通院患者143人とその家族の協力を得て、フェルラ酸を9ヶ月間に亘って投与したものです。試験前と試験開始から3ヶ月毎に、認知機能検査を行いました。
      その結果、アルツハイマー病患者の認知機能は通常、時間の経過とともに低下し続けるのに、フェルラ酸を投与した軽度の患者の場合、試験終了時まで改善が続き、中度の患者も6ヶ月後まで改善状態が続いきました。
      詳細は老年医学(Geriatric Medicine Vol.46 No.12 2008-12)に発表されました。
  • ガーデンアンゼリカ はせり科の植物群で、北半球の広い範囲に分布している二年草または多年草で、ヨーロッパを中心に食用ハーブとして用いられています。ヨーロッパでは古くから、この芳香が悪魔を退けると信じられ「天使のハーブ」「精霊の宿る根」とも呼ばれました。ガーデンアンゼリカの抽出物にはクマリン酸が含まれています。日本に原産するシシウドやアシタバ、中国の漢方薬の成分「当帰」はこの属の植物です。数少ない神経細胞を利用して、情報交換を密にする成分が含まれています。

参考文献

  • 認知症は治せる(奇跡が起こる「コウノメソッド」)マキノ出版 河野和彦著
  • 認知症 家族を救う劇的新治療―問題行動はコウノメソッドで解決する 主婦の友社 河野和彦著
  • 「完全図解 新しい認知症ケア 医療編」 講談社 河野和彦著
  • 「ピック病の症状と治療 ―コウノメソッドで理解する前頭側頭葉変性症」 河野和彦著

認知症時代 (2013年11月、我孫子医師会雑誌掲載)

認知症患者が急速に増加している。2002年に推計した、介護分野での患者調査では、認知症患者数は2005年 170万人、2015年 250万人、2025年 320万人であったが、今年既に300万人を突破したという。医療分野での患者調査によると、1996年のアルツハイマー型認知症(AD)患者数は2万人、その他の認知症患者数9万人であったが、2008年のAD患者数24万人、その他の認知症患者数14万人となった。AD患者数は12年で12倍となった。医療側での診断の進歩もある程度加味されていると思うが、それを差し引いても爆発的な伸び(流行?)である。医療従事者、介護従事者は、認知症患者に対する治療・介護対策などをますます立てなくてはいけないし、一般の方もある程度認知症の知識が必要ではないでしょうか。
認知症の大発生は日本だけにとどまらない。2010年の世界における認知症患者数は3560万人と推測された(世界アルツハイマー協会)。今後20年毎に倍増していくことが予想されている。60歳以上の認知症推定患者数は、ラテンアメリカ8%、西欧と北米7%、オセアニア、中央・東欧、北アフリカ、東アジア以外のアジア6%、東アジア5%、東・南アフリカ4%、西アフリカ2%と報告されている。このように、認知症の発生には明らかな地域差があり、生活習慣面での認知症研究も今後進んでいってほしいと思う。一例をあげると、ハワイに移住した日系人には、日本人以上にADが多いという。
明るいニュースとしては、ADを根本的に治療する薬(抗体療法)の治験が、phase IIIの終わるところだそうです。

私が日頃感じる、認知症対策の問題点を列記しますと:医療者側の教育不足:ADは20年ほど前から、急速に増加した疾患のため、卒業年度が古い医者は大学での教育を受けていない。最新の神経内科、脳神経外科の教科書を見ても、認知症の適切な治療方法が記載されていない。例えば、認知症の原因第2位で、認知症の15%を占めるといわれるレビー小体型認知症(DLB)を脳神経外科の教科書で調べても、“適切な治療方法が無い“としか出ていない。実地臨床的には、量を抑えたアセチルコリン作動薬、抑肝散、ペルマックスでかなり改善するのだが。
行政側の危機感の無さ:世界的にみても、癌治療への研究費が多いが、認知症の研究費は少ない(10年で10倍に増えているのに、癌研究の1/10程度)保健行政の不備:認知症検査でよく使用される、長谷川式、MINI MENTAL STATE EXAMINAION (MMSE)、時計描画検査、かなひろいテスト、SRQDなどは、保険点数に取り入れられていない。一方、あまり使われないSDS, WCST は、それぞれ簡易、複雑な認知症検査に入っている。認知症第2位のDLBに適応のある、保険で認可された内服薬がない。アセチルコリン作動薬は、量が少なくても効果も十分出ることがあるのに(副作用は少なくなる)、保険で認められた用量設定が高くなっている。科学的根拠がしっかりしたサプリメント(米ぬか脳活性食、イチョウ葉エキスなど)が、保険認可されていない。

5年ほど前、認知症患者の家族に、“症状から見てDLBと思うが治療できませんか?”と聞かれました。当時私にはDLBの知識がなく、治療できないと答えました。その後、神経内科、脳神経外科の教科書を読みましたが、診断、治療法共ほとんどわかりませんでした。ネットで名古屋の河野和彦先生の治療法を知り、彼の認知症の診断や薬物治療の本を買って独習しました。
私のクリニックでは2年前から、河野先生が絶賛している米ぬか脳活性食を取り入れ、臨床使用しております。このサプリメントは副作用がほとんどなく、どのような認知症にも効果があります。中核症状改善、問題行動減少、歩行障害改善、嚥下機能改善などの効果があり、有効率70%といわれております。サプリメントの使用について、混合診療ではないか、とか医療に貧富による差が生まれる、などと批判されるかもしれません。しかし、米ぬか脳活性食は科学的根拠がしっかりしており、認知症の改善例が豊富であります。”認知症サプリメント研究会“という会の代表世話人、前国立長寿医療センター研究所長(現在順天堂大学大学院客員教授)の田平武先生も推奨しております。国が保険認可していただければ、患者も医療者ももっと助かるのですが。

PAGE TOP