04-7182-7171

〒270-1166 千葉県我孫子市我孫子4-43-17
hoshi_jimu717@live.jp

我孫子駅 北口 徒歩5分

我孫子市の 脳神経外科,内科,リハビリテーション科,神経内科

脳ドック

サービス付き高齢者向け住宅 ダンデライオン

ダンデライオン内 デイサービス 虎

I. 脳ドックとは

A. 脳ドックとは?

無症候性の人を対象として、脳動脈瘤、無症候性脳梗塞、動脈狭窄、認知症、脳腫瘍などを早期発見、あるいはその危険因子を検出するため、1988年札幌で始まりました。

B. 検査内容(フル(通常)脳ドックは、1-5の検査を行っております)

1. 頭部MRI

無症候性脳梗塞、脳萎縮、大脳白質虚血性変化、脳腫瘍などを調べます。

2. 頭部MRA

脳動脈瘤、動脈狭窄、血管奇形などを調べます。MRIと合わせて27分の検査時間、造影剤不要です。

3. 頚動脈エコー

頚動脈狭窄、甲状腺異常を調べます。検査時間15-25分。

4. 身体測定、一般検体検査、心電図、胸部レントゲン

生活習慣病の有無などを調べます。

5. 頚椎レントゲン、頚椎MRI(T2 矢状断撮影のみ)

頭痛、めまい、しびれの原因として重要な、頚椎疾患をスクリーニングします。

【オプションで設定可能】

6. 腫瘍マーカー

男性ではPSA(前立腺癌)、CEA(消化器系癌など)、CA19-9(消化器系癌、特に膵癌)
女性ではCEA、CA15-3(乳癌)、CA125(卵巣癌、子宮癌など)
を検査しております。

7. 認知症

頭部MRIで脳の萎縮度を計測、認知症のテストを3種類行います。
血液検査で、認知症に関連する甲状腺機能、ビタミンB1、B12を測定します。

8. 胸部CT

肺癌、肺気腫、慢性肺炎などを調べます。

9. 腰椎MRI

腰椎ヘルニア、腰部脊柱間狭窄症、脊髄腫瘍などを調べます。

10. 料金
フル脳ドック(1,2,3,4,5) 59,000円
脳 MRI・MRAコース(1,2) 28,000円
脳 MRI・MRA+腫瘍マーカー(1,2,6) 30,000円
脳 MRI・MRA+頚動脈エコー(1,2,3) 33,000円
脳 MRI・MRA+腫瘍マーカー+頚動脈エコー(1,2,3,6) 36,000円
フル脳ドック+認知症(1,2,3,4,5,7) 77,000円
フル脳ドック+胸部CT(1,2,3,4,5,8) 71,000円
フル脳ドック+腰椎MRI(1,2,3,4,5,9) 77,000円

II. 脳ドックでみつかる異常

A. 未破裂脳動脈瘤

MRI検査を行うと、人口の2-6%に未破裂脳動脈瘤が見つかります。

未破裂脳動脈瘤症例163歳女性、頭痛で偶然見つかりました。

未破裂脳動脈瘤症例21年後にコイリング手術を受け動脈瘤完治した。

B. 無症候性脳梗塞

無症候性脳梗塞がない人の、脳卒中年間発症率:0.28%、
無症候性脳梗塞がある人の、脳卒中年間発症率:2.8%。

無症候性脳梗塞のある人は、高血圧の管理が推奨されます。
ただし、この群から発症した脳卒中の20%は脳出血なので、抗血小板薬の投与は血圧管理を厳重に行ったうえで、慎重に行います。


無症候性脳梗塞のほとんどが、この写真のようなラクナ梗塞です。

脳ドックで発見される頻度:60代5-10%、70代10-15%、80代15-20%

脳卒中発症---3.66倍多い
認知症発症---2.26倍多い

C. 大脳白質虚血性変化、傍脳室虚血性変化

脳ドックで発見される頻度:60代20-30%、70代50%、80代70-80%
 病変が高度の場合:
脳卒中発症:3.6-4.7倍(脳出血が多い)
認知症発症:2-4倍

進行の要因:高血圧、喫煙

D. 無症候性頚部頚動脈狭窄

E. 脳腫瘍

F. もやもや病

G. 慢性硬膜下血腫

H. 正常圧水頭症

I. 認知症

脳の萎縮している部位がどのような認知症か参考になりますが、認知症かどうかの診断は短期記憶力などの診察所見によります。

PAGE TOP